脇汗って厄介ですよね。多汗症だと、1年中脇が湿っぽくて、制汗剤が手離せません。そして、服にニオイが染みついたり黄ばんだりと全く良いことがありません。そこで今回は、ワキガケアでお馴染みのデオシークがどれくらい汗を抑える効果があるのかご紹介します!

デオシークを多汗症の私が使ってみた感想は?

デオシークを塗っていない方の脇は、グレイのTシャツに脇汗のシミが付いているのに、反対側のデオシークを塗っている脇は、全然汗ジミがありません。

グレーのTシャツは汗をかくと目立ちすいので、私は多汗症を自覚するようになってからは一切着ていません。

こんなデメリットばかりなんです。

この画像の女性はしっかり脇汗を防げてますけど、私のように多汗症でも効果があるのか?ということで、私の実際に使った感想を書きます。

普段仕事や通勤する時には脇汗を抑えてくれています。

やはり値段が高いだけあって、市販の制汗剤よりも効果が高いです。

でも、緊張したり、夏の暑い時期にはどうしても脇汗が出ます。

多汗症の私は「汗がピタッと止まって、常に脇がサラサラ~」ってことにはなりません。

でも!朝、デオシークを塗って、夜に帰ってくるまでワキガの臭いはしないんです。

私にとっては、脇汗が止まることよりも「臭いを拡散しない」ことの方が大事なので、デオシークの効果には満足しています。

デオシークの成分は多汗症に効果ある?

デオシークの制汗成分は、パラフェノールスルホン酸亜鉛です。パラフェノールスルホン酸亜鉛は収れん作用があるので、毛穴をキュッと締めて汗を出しにくくする効果があります。

そして、肌の弱い人でも安心できる低刺激な成分です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、たんぱく質と反応して「金属塩」をつくります。それが、汗腺の蓋となって汗が出にくくなるんですね。

他にも、

  • シャクヤク
  • ユキノシタ
  • セージ
  • 柿シブ
  • ドクダミ

といった、植物由来の引き締め成分を配合していています。

実は、デオシークの制汗成分である「パラフェノールスルホン酸亜鉛」は、肌に優しい代わりに、制汗成分があまり強くないんです。

ですから、デオシークが多汗症にも効果があるか?と聞かれても、「ある程度効く」としか言えません。

デオシークよりも多汗症に効果があるデオドラント剤

デオシークに使われている「パラフェノールスルホン酸亜鉛」よりも、もっと制汗効果があるのは、「塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)」

塩化アルミニウムは、外国製の制汗剤に使われていることも多くて、有名なところだと

  • デトランスα
  • オドレニン

などに使われています。

ただ、この塩化アルミニウムは、効果もある代わりに「副作用」もあると言われています。

ワキガで有名な五味クリニックの五味医師によると、

塩化アルミニウムの使用については十分注意する必要があります。

それは、塩化アルミニウムの発汗抑制作用が、エクリン腺の汗口周辺の「炎症」を起こし汗の出口である導管部を閉塞することにより発汗を減少していることを考えてもわかります。

~中略~

大切なことは、このような薬物には必ず「効果」と相反する「副作用」があるということを考慮しつつ上手に扱うことです。

さらに、決して持続的に長期間使用しないことです。なにも副作用なないとしても、1週間使用したら、次の1週間はお休みを取るといった使い方は耐性による効用が減少しないためにも大切です。

塩化アルミニウムをずっと使っていると、皮膚が慣れてきて、塩化アルミニウムの制汗効果が薄れてくるんです。

ずっと使っていると効果が薄れてくるのは、塩化アルミニウムに限らず、パラフェノールスルホン酸亜鉛も同じだと思います。

薬でも同じように、体が慣れてくると効果が減ってしまうことがあります。

そのようなことから、試してみる順番としては自分のワキガ臭が抑えられる程度のものから使い、効果が薄れたら強い制汗剤を使うと良いでしょう。

デオシークには全額返金保証が付いているので安心です。

ワキガクリームを使用してしてみて、もし効果に満足できなかったら商品代金を返金してもらえるので、ぜひ試してみませんか?